銚子丸が最強なワケを後世に遺す【寿司レビュー】

銚子丸 料理
銚子丸

スシローが世界を支配していても、私は銚子丸を推す。
その理由を未来の子どもたちのために今日話そうと思う。

銚子丸

銚子丸はよくある回ってない系回転寿司チェーンの中で、100円寿司に比べてやや高価格帯で展開している店だ。

一皿の値段は130円〜600円で、180円〜300円皿がボリュームゾーンといえる。

銚子丸

タッチパネルで注文するとこんな感じで皿が列車に乗ってやってくる。
ちなみにこのまま赤いボタンを押すと寿司がまだ乗ってようが容赦なく戻っていくことになるので、それやると店員が困惑する。一回「なんで?」って顔されながら持ってきてくれたことがある。

銚子丸

私が声を大にしたいのは、このネタのでかさ。

写真は三貫盛り300円のメニューだが、スシローよりも明らかに一貫あたりがデカイ。

銚子丸

ハマチもでかい

銚子丸

びんちょうもでかい

ややネタの発色が悪いようにも見えるが、本来熟成させた魚の色ってそんなもんである。

余計な発色剤を使っていない、と言うこともできると思う。

銚子丸

軍艦はふつう。だけどこのスパイシーねぎとろはお気に入りの一つ。

銚子丸

カツオの軍艦も美味い。

銚子丸

赤サバという名の珍しい寿司ネタ。おそらく未利用魚を寿司ネタにするということもしているのだろう。
一皿250円でまあまあした。

銚子丸

季節によってタチウオやサクラマスなど面白い寿司ネタも味わえる。

そして銚子丸に行ったら絶対食べたい極めつけはこれ。

銚子丸
イワシ(180円)

鮮度の落ちやすいイワシの味でその店のレベルがわかる。のかは知らんけど、とにかくイワシが美味い。

そして大きなイワシ一尾分まるまる使ったネタのでかさは、確実にスシローの倍はある。

とそこであることに気づく。ネタの大きさは倍でも値段はスシローの倍ではないのだ。

そう、高いイメージのある銚子丸だが、このようにネタが他の100円寿司に比べて大きいことが多いため、実はコスパは悪くないのである。

実際銚子丸では、食べる皿数が100円寿司よりも少なく満足感を覚えることに気づくだろう。

ちなみに私がスシローに行くとだいたい会計は1800円ほどになるのだが、銚子丸に行くとこのくらいにおさまる。

銚子丸

2130円。

スシローと比較して思ったより高くはならないのだ。もちろん高級皿を頼まないことが条件だが。

加えて寿司とは値段に比例して味がよくなるものなので、味は100円寿司よりも銚子丸の方がはるかに美味い。

それを考えると決して割高とは言い切れないのではないだろうか。

このことを、どうか子どもたちに伝えてほしい。

日本の明るい明日と、健やかな未来のために。

あとは任せたぞ、若者よ



タイトルとURLをコピーしました