古清水産という千葉県最強の魚屋【市原市】【ふるせい】

魚屋 古清 料理
魚屋 古清

千葉県で最強の魚屋はどこだろう?そう思う読者の方はきっと多いと思う。

だから私は腰痛をこらえながらもこう言って差し上げよう、最強はこの古清水産(ふるせいすいさん)であると。

魚屋 古清

古清、なんて読むのかはわからない。ふるきよ?ふるせい?まあそんなことはどうでもいい、その魚を赤裸々に見せてみろ。

魚屋 古清
魚屋 古清
魚屋 古清
魚屋 古清

店の入口付近にはいろいろな海鮮が並べられているが、こいつらはダミー、あるいはブラフだ。

こんなものはどこの魚屋にでもあるし、別段お得でもない。これらは初心者をここで殺すための罠に過ぎない。

初心者はこうした物にかかって古清の深淵を覗くことなく散っていくのだ。

もちろん私は玄人なのでこんなトラップは華麗にさらりとかわし、店の奥へと入っていく。

目的はそう、あのショーケースの中だ。

魚屋 古清

やばい

人気すぎてすでにショーケースの中があんま残ってない。


お得感の高い商品は陳列されるまえに声をかけられて売れるため、残っているのは課金単価の高い高級商品のみだった。

それほどにこの古清は人気の魚屋なのである。

魚屋 古清
魚屋 古清
っていうかショーケースの前にたどり着くだけでも大変

こんなに繁盛している魚屋が有史以来あっただろうか?いや無い。

人気は刺し身。とにかく安くてボリュームがあって美味い。それらは陳列される前に客に奪い取られてしまうのだ。初心者は絶対刺し身を買えない。泣く泣く入り口のどじょうを買って帰る羽目になる。

魚屋 古清

いわしの刺身は並べられる前に二皿売れ、並べた瞬間に最後の一皿が売れた。

撮影班は粘り強くショーケースに密着し、撮影を試みる。

魚屋 古清

極秘裏にやっと撮影できた一枚。

魚屋 古清

ごめんやっぱもう一枚。

何が言いたいかと言うと、

めっちゃ並んでもこのブツと上の柵くらいしか買えるものが無かった。

いや、この魚屋、客がひしめいていて常に刺し身を探して彷徨っている有様なので、ほんとに買える刺し身が残ってないのだ。このブツはいるでもいる奴で、これが品切れることがあれば地球上のマグロがすでにいないことと同義である。

凄まじい人気である。

しかしそれではわざわざ遠出してきた意味がないので、店員のおばちゃんに「頼むから何か買わせてくれ」と泣きつく。

しばらく待ってくれるならという条件で、撮影班は翌日まで待った。

ほんとは10分くらい待った。

そうしてやっとゲットできたのはこれらだ。

魚屋 古清
おほほ、たまらん
魚屋 古清
このマグロブツ(2000円)、旨味の太平洋と化している
魚屋 古清
この刺盛り(3000円)、新橋の魚金でも無理でしょう
魚屋 古清
大トロ、1300円。もうアタシがトロトロよってやかましいわ
魚屋 古清
次の総理大臣はイワシだと思う

いかがだろうか。まあぶっちゃけ待って買えたのはイワシだけである。

でも本当のオススメはこれらの他にある。

それはマグロのすき身

本当にタイミングが合ったときにしか買えない、超激ウマの一品がマグロのすき身盛り合わせなのだ。

お値段は1200円ほど、皿いっぱいにすき身が盛られていて、激ウマ。速攻売り切れる人気商品。

そもそも出会えるのが難しく、その確率は隕石が頭に衝突するレベルだとか。

たぶん魚の捌きが佳境に入る夕方入る手前くらいに行くと買えそう。

お立ち寄りの際はぜひ狙ってみてほしい。

まとめると古清水産の人気の秘密はこうだ

古清水産人気の秘密

  • 刺盛りが非常に豪華
  • 魚が美味い。特にマグロが美味く、付近のスーパーの比ではない。
  • マグロが安い。特にブツがお手頃で人気。
  • 人気すぎて刺盛りが店に並ぶ前からすでに売れている

千葉県最強の魚屋が決まったので、今日は安心して眠れそうである。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました